Read Article

金縛りが起こる原因と対策!怖い夢を見るのはなぜ?

金縛りで怖がっている人寝ているときに、金縛りが起きたことはありませんか? 怖い夢や幻覚をともなうため、不安を感じる方も多いですよね。

日本では約40%の人が金縛りを経験したことがあると言われています。管理人も中学生のとき、何度か金縛り状態になった経験があります。

強い恐怖感や不安感があることから幽霊と結びつけられることがありますが、なぜ金縛りが起きるのでしょうか。今回は、金縛りが起こる原因と対策をご紹介します。

Sponsored Links

金縛りが起きるメカニズム

レム睡眠とノンレム睡眠とは?

睡眠には2つの種類があり、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返しています。

「ノンレム睡眠」は深い眠りで、脳や身体を休息させて機能を回復する役割があります。一方、「レム睡眠」は浅い眠りで、記憶の整理や心のメンテンナンスを担っています。

睡眠サイクル出典:睡眠センター

入眠するとすぐにノンレム睡眠に移行して、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返すのが一般的な睡眠パターンです。1晩でこの組み合わせが3~5回ほどあります。

金縛りはレム睡眠のときに起きる

金縛りは、脳が覚醒状態に近いレム睡眠のときに起きます。夢を見ることが多いのも、眠りが浅いレム睡眠中です。脳は活動的ですが、筋肉が抑制されていて動けない状態になります。

レム睡眠時の状態

  • 脳は覚醒状態に近く、眠りが浅い
  • 夢を見ることが多い
  • 体や筋肉は抑制されて動くことができない

レム睡眠中に何かのきっかけで中途半端に覚醒すると、意識はあるけど体が動かない状態になります。これが金縛りで、医学的には「睡眠麻痺」と言われる睡眠障害の1つです。

つまり、脳の覚醒が不十分なため筋肉のコントロールがうまくいかず、動けなかったりしゃべれなかったりするわけです。

金縛りが入眠直後に起きやすい

ウトウトして眠りに入る直前、金縛りを経験したことはありませんか? 金縛りは入眠直後に起きやすい傾向があります。

本来、入眠するとすぐにノンレム睡眠に移行して、睡眠サイクルに入ります。しかし、何らかの原因でレム睡眠から始まると、金縛りが起きやすくなります。

また、金縛りが起きやすいのは10~20歳の思春期に多く、第二次性徴に伴う肉体的・精神的な変化も影響していると言われています。その他、寝る姿勢が仰向けのときも金縛りが起きやすいようです。

金縛りが起きる原因

金縛りが起きる原因は、睡眠リズムの乱れとストレスが関わっています。

睡眠リズムの乱れ

不規則な生活習慣で睡る時間帯がバラバラだと、体内の睡眠リズムが乱れます。夜なかなか眠れなかったり、日中に眠気を感じるなどの不眠症の原因になります。

睡眠時間が乱れていたり寝不足が続くと、睡眠と覚醒の切り替えがスムーズにできなくなるため、睡眠パターンにも悪影響を及ぼします。

その結果、入眠後にレム睡眠が起きやすくなり、金縛りを誘発する原因になります。また、レム睡眠中に中途半端な覚醒が起こることもあります。

過度なストレス

精神的なストレスが続いていると、なかなか寝付けなかったり、熟睡できないことがありますよね。このようなとき、寝入る直前やレム睡眠時に金縛りが起きやすくなります。

また、身体的な変化や受験など、心身ともにストレスが増える思春期から青年期にかけて、金縛りを経験する人が多いようです。(管理人も中学生のとき金縛りを何度か経験しています)

金縛りで怖い夢や幻覚を見る理由

金縛りが起きているとき、恐ろしい気配を感じたり、何かに押さえつけられているような息苦しさを感じたことありませんか?

金縛りは交感神経が不安定な状態で、心拍数・血圧・呼吸が急激に変動します。このとき動けないことに焦ってしまうと、心拍数が上がって息苦しさを覚えることがあります。

また、恐怖などの感情を司る扁桃体(へんとうたい)も活発になっているので、息苦しさや焦りから恐怖感を覚え、恐ろしい夢や幻覚につながることがあります。

金縛りにあったときの対策・対処法

金縛りの対処法を調べてみましたが、専門家によって意見が違うことがあります。

早く目覚めるために「目を左右に動かしたり、声を発しようとするのがいい」という方もいれば、「金縛りにあっても気にしないでそのまま眠ってしまった方がいい」という専門家もいます。

共通して言えるのは、金縛りは科学的に説明がつく睡眠障害の一種なので、あまり深く悩まない方がいいということです。幽霊の仕業や霊的な体験だと思うと不安感が強くなり、金縛り自体がストレスになってしまいます。

ですから、金縛りにあったときは、「レム睡眠中に目が覚めてしまった…」「ストレスや疲れがたまっているのかな…」と、冷静に受け止めましょう。これが金縛りで怖い思いをしない1番の対策です。

金縛りの原因は、睡眠リズムの乱れや過度なストレスです。また、年齢とともに金縛りが起きることも少なくなるので、悩みすぎないようにすることが大切です。

睡眠障害の可能性もある

もし、金縛りが頻繁に起きるなら、ナルコレプシーという睡眠障害の可能性があります。

ナルコレプシーとは、日中に何度も我慢できない眠気に襲われる病気で、本人の意志とは関係なく突然5~20分眠ってしまうことがあります。10代半ばに発症する病気で、日本では約20万人ほどの患者がいると言われています。

ナルコレプシーには特徴的な症状が4つありますが、そのうちの1つが睡眠麻痺(金縛り)です。睡眠麻痺を含めた4つの症状は以下のとおりです。

ナルコレプシーの4大症状

  • 睡眠発作・・・・突然強い眠気を感じ、眠ってしまう
  • 睡眠麻痺・・・・入眠時に金縛りが起きる
  • 情動脱力発作・・興奮したときにガクっと脱力する
  • 入眠時幻覚・・・入眠時に怖い夢や襲われるような幻覚を見る

もし、上記のような症状が当てはまるなら、ナルコレプシーかもしれません。自分で対処することが難しい病気なので、早めに病院や睡眠外来を受診することをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top