Read Article

メタボの診断基準をチェックしよう!内臓脂肪の危険性とは?

メタボな中年男性メタボリックシンドロームと言うと、ちょっと小太りした中年男性が診断される肥満症というイメージがありますよね。

しかし、メタボは生活習慣病を発症するリスクが高い状態です。内臓脂肪が増えすぎて、人体に様々な悪影響を与えてしまっているんです。

今回は、「メタボリックシンドロームって何が問題なの?」と疑問のある方のために、メタボの診断基準と内臓脂肪の危険性についてご紹介します。

Sponsored Links

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積に加えて、高血圧・高血糖・脂質異常の危険因子を、2つ以上持っている場合に診断されます。

その診断基準は、おへその位置で図った内臓脂肪の断面積が100㎠以上あることです。その目安になるのが、以下のウエスト回りの長さです。

  • 男性 85㎝以上
  • 女性 90㎝以上

そして、内臓脂肪の蓄積に加えて、以下の2つ以上の条件が当てはまる場合に、メタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常
◆中性脂肪値……………150mg/dl以上
◆HDLコレステロール …40mg/dl未満
いずれか、または両方に当てはまる
高血圧
◆最高(収縮期)血圧……130mmHg以上
◆最低(拡張期)血圧……85mmHg以上
いずれか、または両方に当てはまる
高血糖
◆空腹時血糖値……110mg/dL以上

内臓脂肪が怖い理由とは?

なぜ、メタボリックシンドロームの前提条件に、内臓脂肪型肥満があるのでしょうか?

それは、内臓脂肪を構成する脂肪細胞に、体の働きを調整する物質(アディポサイトカイン)を分泌する機能があり、血液中の糖質や脂質、血圧のコントロールに大きな影響を与えているからです。

アディポサイトカインには、善玉と悪玉物質があります。善玉物質のアディポネクチンには動脈硬化を抑えたり、体内の糖代謝をスムーズにする働きがあります。

しかし、内臓脂肪が必要以上に増えると、アディポネクチンの分泌が減って、悪玉物質が増えてしまいます。悪玉物質の分泌が増えると、

  • 血栓ができやすくなる物質を分泌する
  • 血管を収縮させるような物質を分泌し、血圧を上昇させる
  • インスリンの働きを悪化させ、血糖値を上げる

など、血管に悪影響を与えて、血管の老化を早めてしまいます。

その結果、動脈硬化や糖尿病のような生活習慣病になるリスクが高くなり、老化が必要以上に進んでしまうわけです。

最後にまとめると…

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の怖さは、動脈硬化が促進されて、脳梗塞や心筋梗塞などの血管事故のリスクが高くなることです。

もし、メタボを「ただの肥満でしょ…」と思っているなら、ちょっと危険かもしれません。診断基準に当てはまっているなら、すぐにでも生活習慣を見直しましょう。

健康的に長生きするためには、内臓脂肪を減らして規則正しい生活を送ることが大切です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top