Read Article

老化の原因は糖化?AGEが身体に与える悪影響とは?

砂糖
人間にとって、糖分は大切なエネルギー源です。しかし、過剰に摂取すると「糖化」が起こり、老化促進物質が作られます。

その老化促進物質というのが、AGE(終末糖化産物)です。AGEは、人の体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

今回は、糖化とAGE(終末糖化産物)についてご紹介します。

Sponsored Links

糖化とは一体何だろう?

糖を過剰に摂取すると、血糖値が高くなり、体内のたんぱく質と結びつく反応が起きます。

その結果、生み出されるのがAGE(糖化最終生成物)と言われる老化促進物質で、この過程を「糖化」と言います。

糖化が怖いのは、糖と結びついたたんぱく質が、変性して劣化してしまうことです。体を構成する組織や血管は、たんぱく質でできているので、体中に悪影響を与えてしまうのです。

では、AGEが体内に蓄積する原因は、どのようなものでしょうか?

原因その1
まず、主な原因になるのが、血糖値が高いことです。

炭水化物や甘いものを食べると、血液中の糖分量が増えます。血液中に糖が多い状態が続くと、AGEが作られるリスクが高まります。糖分が多い食事はAGEがたまりやすくなるのです。

原因その2
また、AGEが含まれる食材を食べたときにも、体内に蓄積します。

こんがり焼かれてている食べ物ありますよね。例えば、加熱処理された加工食品や、ホットケーキ・クッキーなどの菓子類です。

加熱処理されると、たんぱく質と糖が結びつく糖化反応が起こります。糖化は体の中だけの反応ではないんですね。これらの食材を食べても、AGEは体内に蓄積されていきます。

AGEが人体に及ぼす悪影響とは?

体のたんぱく質に糖分が結びつくと、肌、血管、脳などに悪影響を与え、さまざまな症状が現れます。

肌に与える影響

肌の内側にあるコラーゲンは、コラーゲンが糖化すると、茶褐色に変色し、黄ぐすみが起こります。また、コラーゲンが変質して弾力を失えば、たるみやしみの原因になります。糖化は美肌の天敵。

血管に与える影響

コラーゲンは血管をしなやかな柔軟性を保つ役割をしています。その血管が糖化すると血管内に炎症を起こし、血管の弾力性を奪います。その結果、動脈硬化が進んで、血管がもろく破れやすくなります。そうなると、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。

脳に与える影響

糖化はアルツハイマー病や認知症にも影響を与えます。アルツハイマーとは脳細胞が死滅して脳が委縮する病気。βーアミロノイドというたんぱく質が脳内にたまることが原因ですが、AGEが関与していることがわかっています。

このように、糖化によって生み出されるAGEによって、たんぱく質は変性劣化します。その結果、以下のような生活習慣病を引き起こし、体を老化させるわけです。

  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • メタボ
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • アルツハイマー
  • 白内障

糖化を防ぐために気を付けたいこと!

これまでご紹介してきたとおり、糖化は血糖値と深い関係にあります。

血糖値が高く、その持続時間が長ければ長いほど、糖化が進みやすくなり老化が促進されてしまいます。ですので、糖化を防ぐためには、

  • できるだけ血糖値を上げないこと
  • 上昇した血糖値をできるだけ早く下げる

この2つが大切になります。糖化を予防するためにも、食生活は大切なんですね。

関連記事はこちら
食生活で老化を予防!糖化を防ぐ4つの方法とは?

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top