Read Article

スロージョギングの速度ってどのくらい?正しい走り方とは?

ジョギングする人NHKの「ためしてガッテン」など、様々なメディアで取り上げられたスロージョギング

運動経験がなくてもすぐに始められるので、興味を持っている方も多いですよね。しかし、「どんな速度で、どんな走り方をすればいいのか、よくわからない…」という理由で長続きしない方もいるようです。

そこで今回は、スロージョギングの走る速度や正しい走り方についてご紹介します。

Sponsored Links

スロージョギングの速度は人によって違う?

スロージョギングとは、歩くようなスピードでゆっくり走ることです。

息切れしないゆるやかな速度で走るので、長く走り続けていても疲れないことがメリットです。乳酸が溜まらないので、走ることが体にとってストレスになりません。

走る速度は、人によって違います。自分の体力に合ったペースで走ることが大切です。

例えば、運動不足の方なら歩く速さと同じ4~5キロ。普段運動しているなら7~8キロで走ることが適切かもしれません。走っていて息が切れるようなスピードでは、早すぎることになります。

また、スロージョギングを行う頻度ですが、これも目的によって違います。

  • 運動不足解消が目的なら、1日15~30分 週3回以上
  • ダイエット目的なら、ほぼ毎日30~40分

まず初めは、上記を目安にしてスロージョギングを開始してみてください。

スロージョギングの正しい走り方とは?

スロージョギングの走り方には、5つのポイントがあります。1つずつ見ていきましょう。

1.着地するときは、指の付け根付近で

スロージョギングで推奨されているのは、「フォアフット着地」です。フォアフット着地とは、かかとではなく指の付け根で着地すること

着地の場所アキレス腱のバネを使って効率よく走ることができるので、足腰への負担が少なくなります。

特に、運動不足で体が重い場合、かかとで着地すると体重の3倍近く衝撃があるので、ひざや腰に負担がかかりやすくなります。

しかし、フォアフット着地の衝撃はかかとの3分の1だから、怪我をしにくい安全な走り方になります。

2.歩幅は小さくする

歩幅が大きいと足に負担がかかり、足の裏やひざを痛めやすくなります。

スロージョギングでは歩幅を小さくして、小刻みに動かすことがうまく走るコツです。最初は10㎝くらいの歩幅で走りましょう。

3.地面を蹴り上げない

地面を蹴り上げる走り方は、足の筋肉に負担をかけるので、疲れやすくなります。また、身体を上下にはねるような走り方も、体力の無駄遣いです。

歩幅は小さく、足は少し地面から離れる程度。まっすぐ立ったまま、体を前に傾けて走りましょう。

4.あごを上げて姿勢をキープする

あごを上げて走ると、背筋が伸びていい姿勢で走れます。背筋が伸びて脚が引き上げやすくなるし、気道が広がり呼吸もしやすくなります。

目線は前に向けて、景色を楽しみながらリラックスして走りましょう。

5.腕ふりと呼吸は自然に

スロージョギングは、歩くような速度で走ることがポイントですから、腕を強く振る必要はありません。ひじを90度に曲げて、体の横につけるだけで問題ありません。

また、息切れしない速度で走るので、特別な呼吸法も必要ありません。自然に息をすることが大切です。もし、息切れするなら、速く走りすぎているということなので、スピードを落としましょう。

スロージョギングの解説動画も参考に

ここまで、スロージョギングの走り方をご紹介しましたが、文章ではなかなか伝わりずらいかもしれません。

スロージョギングの提唱者、福岡大学の田中宏暁(たなかひろあき)教授による動画解説があったので、こちらも参考にしてみてください。

>>>田中宏暁教授のスロージョギング講座

スロージョギングの効果について気になるところですが、ちょっと長くなったので、改めて書くことにします。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top