Read Article

あかぎれがひどい~手荒れを悪化させない対策・グッズ

手のケアをしている意外と人の視線を集めるのが「手」。どんなに美しい装いでも、手が荒れていたらイメージも一気にダウン! とはいえ、手荒れに悩む人が多いのも事実なんです。

また、手荒れが悪化してパックリと割れてしまう「あかぎれ」ができてしまうと、傷口に水がしみて痛いのなんのって・・・。

手荒れやあかぎれは冬だけでなく、主婦や美容師&理容師さん、飲食店で働く人など、水仕事をする人は一年中悩まされることもありますよね。今回は、手荒れを悪化させない対策や予防法などを紹介します。

Sponsored Links

手荒れやあかぎれができるメカニズムとは?

冬に水仕事をしたとき、手荒れやあかぎれができた経験はありませんか?

通常、肌は毛穴にある皮脂腺から皮脂(油分)を分泌します。分泌された皮脂は汗腺から分泌された汗と混ざり合うことで、まるで天然の保湿クリームとなって肌の表面をおおいます。これを皮脂膜といい、肌のバリアのような役割を果たしています。

ところが、水仕事などで皮脂膜が流れたり、気温が低い冬は、皮脂や汗の分泌が減少して皮脂膜が作られにくくなります。すると肌のバリア機能が弱ってしまい、手荒れなどの問題を起こしやすくなるのです。

とくに手は毛穴の分布が少ないため、ほかの部位と比べて皮脂膜が減少しがち。そのため、いったん手荒れやあかぎれを起こすとなかなか治りづらいんです。

また、一般に男性よりも女性の方が皮脂の分泌が少ないといわれています。つまり女性の方が男性よりも肌荒れや手荒れをしやすいといえます。

実はいろいろある!? 手荒れやあかぎれになる理由

両手では、手荒れやあかぎれを起こす原因を具体的に見ていきましょう。意外なことが原因だったりしますよ。

手が乾燥しがち

乾燥すると肌表面から脂質や水分が奪われてしまい、カサカサの状態に。この状態を放っておくと肌に亀裂が生じて「ひび」ができたり、赤く腫れたりします。さらに悪化すると、肌の奥の真皮層まで亀裂ができて「あかぎれ」となるのです。

冬などの空気が乾燥している季節だけでなく、ダンボール・本など紙類を扱う仕事の人や、衣類をたたんだりすることの多い職業の人も手が乾燥しがちになります。その他、冷暖房や睡眠不足などによっても肌の乾燥を引き起こします。

手荒れしやすい洗浄方法を行っている

水仕事で皮脂膜が流れると、肌のバリア機能が低下して手荒れが起きることはすでに説明しました。同様に、洗剤やシャンプー、消毒薬なども手から皮脂膜を落としてしまいます。また、熱いお湯は水よりも皮脂膜を失いやすくします。

手の冷え

冷えなどによって血行が悪くなると細胞の新陳代謝がうまく行われず、肌の再生機能が衰えます。皮脂膜も作られにくくなるため、手荒れの原因になります。

とくに手や足は冷えやすく「末端冷え性」を起こしやすいのです。貧血や低血圧、運動不足、座りっぱなしの人も冷え性に気をつけてください。

アレルギー・手への刺激

アレルギーによっても手荒れが起こります。たとえば、毛染めや香料、ゴム手袋、金属などでアレルギーを起こして手が荒れたり、花や野菜などの植物によって手がかぶれて起きることもあります。また、アトピー体質の人も手荒れを起こしやすいといわれます。

また、手への刺激が慢性的に加わると、皮膚の表皮の角質細胞が弱って肌の再生ができづらく手荒れを起こします。繰り返し行うパソコンのキーボード操作や、土いじり、油類、セメントなどを使う職業の人は要注意です。

栄養不足・加齢

栄養不足によっても手荒れやあかぎれをおこします。野菜、とくに緑黄色野菜が不足している人や、ミネラルやたんぱく質不足でも手荒れが起きやすいといわれます。かたよった食生活や無理なダイエットをしている人は見直してみましょう。

また、肌のバリア機能である皮脂膜は、20歳台をピークに加齢とともに分泌量が減少していきます。そのため、年齢とともに肌の乾燥が進み、手荒れも起こりやすくなります。

手荒れやあかぎれの対策

手の甲にクリームでは、手荒れやあかぎれにはどのような対策を行えばいいのでしょう?

お湯を使わない

日常生活では手洗いや洗顔は必要不可欠なものですよね。ただ、手荒れにとってはあまりよくはありません。

そこで、手の皮脂膜を流しすぎてしまわないよう、お湯ではなく水を使うようにするといいでしょう。水を使ったあとには必ずすぐに手を拭きましょう。

真冬に水で洗顔するのはちょっと辛いかもしれませんね。そういうときは、水を使わない拭くだけの洗顔もおすすめ。化粧水タイプや乳液状のものなど、いくつか市販されています。

水仕事には手袋をする

洗い物や掃除など水仕事をするときは、手袋をはめましょう。

ただ、ゴムアレルギーの恐れがある場合は、天然ゴム由来のラテックスを使った手袋は避けた方が無難です。手袋を選ぶときは、塩化ビニールやニトリルという合成ゴムの手袋がいいようです。

あるいは薄い木綿の手袋をして、そのうえからゴム手袋をするのもおすすめ。できれば洗顔やシャンプーなども手袋をして行いましょう。

状態にあった保湿クリームを選ぶ

手を洗ったあとはもちろんですが、こまめに手を保湿しましょう。保湿にはハンドクリームなどを使いますが、手荒れの状態にあったクリームを選ぶことがポイントです。

  • 初期の手荒れ・・・ヒアルロン酸やオリーブオイル配合クリーム
  • できはじめのあかぎれ・・・ビタミンE配合クリーム
  • ガサガサ・硬くなった手荒れ・・・尿素配合のハンドクリーム
  • かゆみがある手荒れ・・・かゆみ止め成分を配合したクリーム

ハンドクリームを塗るときは、両手で温めてから塗ると肌への浸透が良くなります。試してみてくださいね。

ハンドマッサージをする

手の血行を良くすることも手荒れ改善に効果的です。そのためには、ハンドクリームを塗ったあとに手のマッサージを行うことがおすすめです。

といっても、むずかしい方法ではありません。手にはツボがたくさん集まっていますので、まずは手全体をもみほぐすだけでも効果が期待できます。そのあとで、それぞれの指の付け根を押してみましょう。

ビタミン類をとる

バランスのとれた日頃の食生活が手荒れ対策に効果的なのですが、即効性は期待できないかもしれません。そこで、できてしまった手荒れやあかぎれの悪化を食い止めるに、ビタミン剤を活用してはいかがでしょう。

ビタミンAは皮膚の修復を促し、ビタミンEは血行を良くしてくれます。また、ビタミンCはコラーゲンの生成に必要です。ひび割れやあかぎれができているときは、炎症を抑えるビタミンB2を一緒にとるといいかもしれません。

就寝時や外出時に手袋をする

手を保護して保湿するためにも、寝るときや外出の際に手袋をするといいでしょう。とくに、就寝時はシルクやコットンなどの天然素材の手袋を選ぶことがポイント。

手袋をする前にハンドクリームを擦り込んでおくと、保湿効果が高まります。

手荒れを再発させないためには?

手荒れやあかぎれの予防には、日頃のケアが大切です。ここにご紹介した対策のほかに、手を洗い過ぎないことや、敏感肌用のハンドソープやシャンプー剤などを使うことも心がけてください。

集中的に保湿ケアをしたいときは、ハンドクリームをたっぷりと擦り込んだあとにラップをまいてパックすると効果的。また、冷え性の人はぜひ冷えを改善させてください。ウォーキングなど軽い運動をとりいれるのもおすすめです。

もし手にポツポツと赤い湿疹があらわれていたら「手湿疹」の可能性がありますので、早めに皮膚科を受診しましょう。また、手袋や保湿をして悪化が進むようでしたら、カンジダ症や手の水虫かもしれません。この場合も早めの受診が肝心です。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. フレナーラ手汗

    手汗をかいてしまうのは好きな人の前だったり初対面の人と話したり、あがっているからですよね。こういうのを精神性発汗というのですが、この汗は努力してどうにかなるものではありません。がんばって汗をかかないようにしよう、緊張しないようにしようというのは無理だからです。汗は文字通り汗腺(かんせん)というところから出ています。この汗腺に物理的にふたをして汗を出ないようにするというのが掌の汗を抑える有効な方法になります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top