Read Article

柚子湯(ゆずゆ)の効能と作り方!なぜ冬至に入浴する?

柚子と風呂桶冬の風物詩のひとつ、柚子湯(ゆずゆ)。とくに冬至には、スーパー銭湯では必ずといってほど、湯船にぷかぷかと柚子が浮かんでいますね。

冬至の柚子湯は日本の伝統的な風習ですが、実は柚子湯にはたくさんの効能があることを、あなたは知っていますか?

今回は、毎日でも入りたくなる柚子湯の効果と、冬至に柚子湯に入る理由をご紹介します。

Sponsored Links

血行促進やアンチエイジングも!柚子湯の効能

柚子は中国が原産といわれ、日本へは薬用として渡来したという説があります。すでに奈良時代には日本でも栽培が行われていたという記録も残されています。

よく「柚子湯に入ると風邪をひかない」といわれますが、それは柚子の皮にふんだんに含まれているリモネンなどの精油成分が血行や新陳代謝を促進するため。

血行が良くなれば体も芯から温まりますし、肩こりや神経痛、冷え性なども改善されます。
また、柚子湯が湯冷めしにくいのも、精油が肌に膜を張るためだと考えられます。

柚子は柑橘類の中でもビタミンCの含有量が多いため、高い美肌効果があります。ビタミンCは肌の保水性を高めて潤いを保ち、肌のキメを整えます。

加えて、冬の乾燥によるひびやあかぎれの改善にも効果的です。また抗酸化作用もあるため肌の老化を防ぎ、美白効果も期待できます。その上、柚子に含まれるクエン酸は肌の角質を柔らかくする働きがあるんです。

さらに、柚子の爽やかな香りがリラックス効果を高めるので、ストレス解消にも効果的。疲れもとれて、夜もぐっすり眠れますよ。

効果的な柚子湯の作り方!肌の弱い人はどうする?

「柚子湯って、ただ柚子を丸ごとお風呂に入ればいいんでしょ」って思っていませんか?

よくテレビなどに映し出される柚子湯は、丸ごとの柚子がいくつもお風呂に浮いていてとても風情がありますね。

でも、家庭でそんなにたくさんの柚子を使うのは不経済だと思いませんか? ご安心ください、少ない柚子で効能たっぷりの柚子湯を作る方法があるんです。

柚子湯の作り方【具体例】

材料

  • 柚子       2~3個
  • 洗濯ネット(小) 1枚

柚子をよく洗い、輪切りまたは半分に切ります。切った柚子をすべて洗濯ネットに入れてからお風呂に浮かべます。お湯を張る時から入れておくと、より効果的です。

洗濯ネットに柚子を入れることで中身が飛びちるの防ぎ、掃除も楽になります。洗濯ネットの代わりに、ハイソックスサイズのストッキングや生ゴミネットに入れて、開口部を結んで代用することもできます。

どうしても柚子を丸ごと使いたい場合は?

柚子を丸ごとお風呂に入れると、見た目も美しく気分も上がりますね。その場合は、皮に何箇所か切り込みを入れておくと、皮に含まれている精油が流れやすくなります。

または、指で柚子に穴を開ける方法もあります。あわせて、皮を料理などに使った柚子の実の部分の果汁を絞ってお風呂に入れると、より効能の高い柚子湯を楽しめますよ。

肌が弱い人はどうしたらいい?

肌が弱い人は、柚子湯に入ると肌がピリピリする場合があります。また、デリケートな赤ちゃんの肌も同様です。

ピリピリする原因は柚子に含まれる精油です。健康な人の肌には効能をもたらす精油ですが、デリケートな肌には刺激が強すぎてしまうのです。

肌の弱い人は、柚子を蒸したり湯通ししてから、丸ごとガーゼ袋などに入れてお風呂に入れましょう。柚子湯の効能はやや少なくなりますが、何も入れないお湯よりも効能や香りが楽しめますね。

冬至に柚子湯に入るのはなぜ?

柚子ところで、なぜ冬至に柚子湯に入るのでしょうか? 冬至に柚子湯に入る由来は諸説あります。

一年で最も日が短い冬至は、陰がもっとも極まる日と考えられていました。そのため、古来から中国や日本ではこの日をさかいに再び日(陽)がのびて運気が上昇するという意味を込めて、冬至を「一陽来福(いちようらいふく)」と呼びました。

一説には、日本にはおめでたいことの前に厄除けとして身を清める習慣があり、柚子のように香りの強い植物を湯に入れることで邪気を払えると考えられていたといわれます。一陽来福の日に柚子湯に入って禊(みそぎ)をしたのです。

また、冬至=湯治(とうじ)、柚子=融通(ゆうずう)という語呂合わせという説もあります。

ただ、実際は12月の冬至を過ぎてからが寒さも本番に入り、1月20日頃に「大寒」を迎えます。そのため、冬至に柚子湯に入って風邪を予防し、厳しい冬を乗り越えようとした知恵だったのかもしれません。

現代と違って昔は頻繁に入浴できなかったことを考えると、冬至の柚子湯は無病息災の願いが込められた大切な風習ととらえることができそうです。

冬だからこそ柚子湯で温まって運気&体力アップ!

これまで何気なく入っていた冬至の柚子湯には、大切な意味が込められていたんですね。また、美容や健康にいい効能がたくさんある柚子湯は冬至でなくとも入りたいもの。

柚子の旬は秋から冬ですが、春先ごろまで店頭に並んでいます。寒い日は柚子湯にゆったりと浸かって心身をリラックスさせ、ぜひ翌日の運気や体力をアップさせましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top