Read Article

黒糖の栄養と効能がスゴイ!おすすめの活用法とは?

主に沖縄県で作られている黒糖。本州で暮らす人にとっては、あまり身近な存在ではないかもしれませんね。

沖縄のお土産でもらったり、カフェにいった時に偶然出会ったりするぐらいでしょう。しかし、黒糖は現代人にとって嬉しい栄養が豊富に含まれている健康食品なんです。

今回は、知られざる黒糖の栄養と効能をチェックしてみましょう!

Sponsored Links

ダイエットで大活躍する黒糖の秘密とは?

「黒糖は砂糖の一種だから、ダイエットには不向きでしょ・・・」とあなたは思っていませんか?

黒糖は、砂糖と比べて体への吸収スピードが約8倍も遅いと言われています。なぜこのような違いがあるのか、生成過程をみていきましょう。

砂糖はサトウキビの絞り汁を煮詰めて、さらに不純物を取り除く過程を何度も繰り返し、糖度約98度まで純度を高めて作られています。

しかし、黒糖はサトウキビの絞り汁を煮詰めてできる結晶ですので、砂糖では取り除かれている「糖蜜」を含んでいます。この糖蜜が、黒糖がダイエットに向いている秘密なのです。

糖蜜が取り除かれないことで、黒糖の糖度は約85度と低くなります。しかも、腸で糖の吸収を抑えてくれる成分が含まれており、体に糖が溜まりにくくなるというわけです。

黒糖は美容や便秘改善にも効果が期待できる

偏食したり食生活のリズムが崩れると、便秘になってしまうことがありますよね。

そんなときにも黒糖がおすすめです。というのも、黒糖には善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれる力があるからです。腸内環境の乱れによるニキビや吹き出物、肌荒れ改善も期待できます。

また、砂糖には含まれない糖蜜には、サトウキビのミネラルやビタミンが多く含まれています。

カルシウム、マグネシウムなど現代人にとっては欠かせない健康成分のほか、肌・髪・爪を健康に保つ亜鉛も豊富。さらに、鉄欠乏性貧血の人にとっては嬉しい「鉄分」まで豊富に含まれています。

黒糖のおすすめ活用法とは?

普段料理に使ったり、コーヒーに入れている砂糖を、黒糖に変えてみるというのが一番メジャーな方法です。

砂糖を使うよりも糖分の吸収率が下がるだけでなく、独特のコクとしっかりとした甘みを感じられるため、ダイエットが苦にならないでしょう。

ほかにも、ヨーグルトにかけたり、味噌汁にひとかけら入れたりする人もいます。自分の好きなものや毎日摂るものに入れてみると、忘れることなく続けられそうですね。

甘いものや間食を辞められない人は、小腹がすいた時に黒糖のかけらを食べるのも一つの手です。黒糖の独特の苦みと旨みによって、ひとかけら食べるだけでも満腹感を得られます。

実際、サトウキビの栽培が盛んな沖縄では、お茶うけに黒糖は定番の組み合わせ。沖縄の健康長寿の秘訣とも言われているので、間食するときは黒糖をかじってみましょう。ただし、食べ過ぎには注意してくださいね。

「生姜+黒糖」で冷え性の改善も!

「ストイックにダイエットがしたい・・・」「効果をすぐにでも味わいたい・・・」という人は、体を温めて基礎代謝をあげる「生姜」と「黒糖」の組み合わせがおすすめです。

冷え性の強い味方である生姜の効能をさらに高めてくれます。手っ取り早く摂りたいなら、すりおろした生姜と黒糖を紅茶に入れるだけの一品がいいでしょう。

体温が上昇して冷え性を改善してくれるため、基礎代謝がアップして大きなダイエット効果が期待できます。排泄効果もあるので、便秘で悩んでいる人も是非試してみてはいかがでしょうか。

売れ筋商品:生姜黒蜜
ドクターベジフル生姜黒蜜

九州産の原材料で作られているジンジャーシロップの「生姜黒蜜」。完全無添加の黒糖から作られた「黒蜜」は純度100%で、一滴の水も使われていません。

こだわりの材料から作られた生姜黒蜜が代謝アップや冷え性改善をサポートしてくれます。全額返金保証あり。

⇒ダイエットや冷えに!代謝アップの「生姜黒蜜」こちら

黒糖はどこに売っているの?

一昔前には、加工黒糖も「黒糖」と名付けられている時代がありましたが、基準が変わったことで、純粋な黒糖のみその名を使えるようになりました。

販売コーナーで黒糖と書いてあれば、それは黒糖ですので安心してお買い求めください。最近では、黒糖はスーパーの甘味料コーナーに砂糖と並んでいることが多くなりました。

様々な黒糖の商品を見てみたいという人は、沖縄や鹿児島のアンテナショップ(郷土品売り場)や、健康食品コーナーにいってみるといいでしょう。こんなものまであるのかと驚いてしまう商品に出会えるかもしれませんよ。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top