Read Article

病院行く前に試そう!自分でできる「ものもらい」の治し方4つ!

顔を隠す女性ものもらいがなかなか治らず、お困りではありませんか? 痛くて煩わしい「ものもらい」ですが、病院に行くのも面倒ですよね。

放っておくと自然に治ることもありますが、「目立ってしまうから早く治したい…」と思う方も多いでしょう。

そこで今回は、自分でできる「ものもらい」の治し方をご紹介します。正しい対処法を知って、早く治してしまいましょう!

Sponsored Links

ものもらいの種類について

ものもらいには「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の2種類あります。それぞれ特徴や対処法が違いますので、注意してください。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたの分泌腺から細菌が入り込んで感染し、まつ毛の根元が腫れてしまう麦粒腫。初めはかゆみの症状があり、時間が経つと痛みに移行します。

膿が出るとそのまま治ることが多いのですが、膿が残ると長引きます。まれに、眼球周辺まで炎症が拡大して、重症化する場合があるので注意が必要です。

麦粒腫は、雑菌の繁殖が原因ですので、徹底的に清潔に保つことが大切です。かゆみや痛みがあるときには冷やすようにしましょう。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まぶたの中には、マイボーム腺という目の表面に油膜を造るための組織があります。目の乾燥を防ぐ大事な分泌腺ですが、脂分の排泄がうまくいかずしこりになった状態を霰粒腫と言います。

通常痛みは感じませんが、雑菌が入って化膿してしまうと、腫れて痛みを伴います。一般的には、自然治癒が多いですが、同じ状態が長期間続くこともあります。

自分でできる「ものもらい」の治し方とは?

ものもらいの治し方【4つの手順】

  • 目の周りを丁寧に洗う
  • 抗菌綿・消毒脱脂綿で拭く
  • ものもらい用の目薬をさす
  • 睡眠・栄養を十分にとる

自分で治す場合は、上記の4つ手順で対処すると、ものもらいを早く治すことができます。具体的に見て行きましょう!

手順1.目の周りを丁寧に洗う

目の周りを清潔にしないと雑菌が繁殖してしまうので、刺激の少ない石鹸で、1日2・3回は優しく丁寧に顔を洗います。雑菌が原因でできるものもらいは、洗い流すことで繁殖を抑えることができます。

そのとき、洗顔タオルをまめに替えることは大切です。せっかく洗った顔に、もう一度菌を擦り付けないように注意しましょう。また、コンタクトレンズやアイメイクは控えましょう。

手順2.抗菌綿・消毒脱脂綿で拭く

目の周りを洗った後は、抗菌綿で目をそっと拭きます。抗菌成分が含まれているので、雑菌が少なくなります。

どうしてもかゆみも堪えきれない場合は、清潔なタオルで患部を冷やします。手でかいたりすると、傷口から雑菌が入り込むことがあるので注意しましょう。

痛みも痒みもない霰粒腫の場合は、蒸しタオルで温めます。入浴時、蒸しタオルを眼の上に置き、まつ毛の生え際を順番に軽く押して刺激します。

マイボーム腺に脂分が溜まって起こる霰粒腫は、まぶたを温めて脂を外に出すことで治癒に向かいます。

手順3.ものもらい用の目薬をさす

ものもらいの症状に合わせて、何種類もの目薬が販売されています。抗菌成分が入っているので、雑菌の繁殖を抑えたり、炎症を鎮めることができます。

目薬はなるべく、防腐剤が含まれない使い切りタイプを選びましょう。

手順4.睡眠・栄養を十分にとる

ものもらいを繰り返すのは、免疫力が落ちているとき。身近な生活環境の中にある黄色ブドウ球菌によって、引き起こされます。

普段なら何の問題もなく生活できるのに、抵抗力が落ちると「ものもらい」になりやすいので、十分な睡眠とバランスのとれた食事を心がけます。

刺激の強い辛い食べ物や、炎症を悪化させるアルコールは、症状が治まるまで控えましょう。雑菌を撃退した後に、ゆっくりお酒を飲むようにしましょう。

まとめ

麦粒腫は雑菌によって化膿するので、痛みは強くても早期回復の見込みがあります。目薬を差した後に痛みや腫れが強くなるのは、血流が良くなるためです。また、自然破裂は、完治へ近づいている証です。

もし、上記のような対処したにもかかわらず、2.3日経っても全く改善しない場合は、眼科の受診をお勧めします。霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合、同じ状態が長期間続くことがあるので、注意してください。

何よりも、自分の体力が低下していることを自覚して、衛生・睡眠・栄養に気を配りましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top