Read Article

アロエにはどんな効能がある?効果を高める食べ方は?

アロエは、世界的に昔から民間療法の薬として使用されてきました。火傷にアロエを張ったり、美白のためにパックにしたり、アロエの効能について聞いたことありますよね。

確かに、火傷への効果や美白効果は科学的に証明されていますが、食べても健康効果が高いことがわかっています。

では、どのようにして食べると、アロエの効能を十分に発揮させることができるのでしょうか?

Sponsored Links

キダチアロエの特筆すべき効能3つ

アロエには200を超える種類があり、その中でも日本でよく見かけるアロエには2種類あります。そのうち1種がキダチアロエで、以下のような効能があります。

キダチアロエの3つの効能

  • 整腸作用
  • 胃液分泌促進
  • 毒素分解

ほかのアロエに比べて苦味が強く、苦味の元となるアロインという成分を多く含んでいます。アロインが持つ整腸作用は、腸内から余計なものを排出してくれるため、便秘改善の効果が期待できます。

また、胃液の分泌を促進する働きや、毒素分解の作用もあるため、特に食欲不振や二日酔いのときに摂取すると効果があるでしょう。

苦味があるためジュースがおすすめ

苦味が強いキダチアロエは、生葉を切り取ったら、硬い葉の部分を剥き、中のゲル状のところだけを取り出します。

それをジューサーにかけて飲みやすいジュースにして摂るのがおすすめです。水で薄めて、蜂蜜を加えるとさらに飲みやすくなるでしょう。

アロエの効能は非常に強いため、1日の摂取量は30mlと極微量です。人によっては、下剤のように急にお腹を下すことが予想されますので、最初は15mlなどの少量から始めてみてください。

体調が悪くなったり、体に異常が出た場合は、すぐにアロエを食べるのを辞め、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

アロエベラの特筆すべき効能3つ

アロエベラ日本で良く見かけるアロエのもう1種はアロエベラです。キダチアロエよりも葉が厚く、大きいのが特徴です。

アロエベラの3つの効能

  • 整腸作用
  • 毒素分解
  • 美肌効果

ヒアルロン酸やコラーゲンを増幅させる効果が注目を集めており、アロエベラの人気が昨今高まってきました。年齢肌や乾燥肌の人には嬉しい効能ですね。

苦味が少なく、そのままがおすすめ

苦味が少なく、そのままでも食べられるため、硬い皮をむいてゲル状の部分を食べるのが一般的です。刺身のように、醤油やポン酢で食べてもいいし、蜂蜜やヨーグルトと混ぜて食べてもいいので、好みに合わせて調節しましょう。

アロエヨーグルトに使われているアロエはアロエベラが多く、食べなれた味かもしれません。苦味が少ないため、ジューサーに葉ごと入れてジュースにしても問題なく飲めるでしょう。

キダチアロエと同様に、1日の摂取量は30mlですので、過剰摂取は禁物です。少量から始め、体調に合わせて調節するようにしましょう。

妊娠中、月経中の女性は要注意

アロエには、副作用として体を冷やす作用のほか、子宮を収縮させる作用があります。そのため、妊娠中や、月経中の女性は体を冷やしたり、子宮に影響が出ることを避けるため、アロエの摂取は辞めましょう。

また、冷え性の人や、12歳以下の子ども、そして体が弱っているときの摂取も避けたほうがいいようです。

便秘改善や美肌効果など、嬉しい作用もいっぱいのアロエですが、過剰摂取は禁物。きちんと効能と副作用を理解した上で食べるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top