Read Article

「まぶた」が痙攣する原因と止める方法3つ!

目をつむる女性パソコンで長時間作業していたり、疲れが溜まっているとき、自分の意思と関係なく「まぶた」がピクピク痙攣した経験はありませんか?

痙攣が止まらないと、作業に集中できないため、どうにかして止めたいと思いますよね。そのためには、きちんとその原因を把握して、対処していくことが重要です。

今回は、まぶたが痙攣する原因と止める方法をご紹介します。

Sponsored Links

原因1:眼精疲労

まぶたが痙攣する1番の原因は眼精疲労です。目を過剰に酷使することによって、まぶたを開閉する筋肉が異常な興奮を見せることがあり、痙攣に繋がります。

また、目の周りのむくみに圧迫された末梢神経が動作不良を起こしたり、目の周りの血行不良などになったりすると、まぶたの痙攣を引き起こします。

対策1:温める

血行不良などの眼精疲労を改善するために、目の周りを温めるという方法があります。

熱すぎない温度で蒸しタオルを作り、目の上や目の周り全体を覆うように乗せます。目を閉じて、目の奥が温かくなるまで置いておきます。

蒸しタオルだけでも十分ですが、目を温めたあとに冷たいタオルを乗せると、より血行を促進させることができます。

家に帰ってシャワーだけで済ませている人は、全身の血行促進のために40℃ぐらいのお湯に入浴する習慣をつけましょう。眼精疲労からくる首、肩、背中、腰のコリを改善するきっかけとなります。

原因2:ストレスや睡眠不足

目や頭、精神が疲労困憊しているのにも関わらず、あまり良く眠れていない場合は、睡眠不足の可能性があります。

また、ストレスなどで交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行われないと、慢性的に睡眠不足になってしまうこともあります。

十分に休むことができないと疲労は蓄積され、眼精疲労をさらに悪化させることになります。

対策2:良質な睡眠

疲れが溜まっているのに眠れていないなら、疲労が蓄積され、どんどん症状が悪化してしまいます。

良質な睡眠が取れるよう、コーヒーや緑茶などカフェイン飲料の過剰摂取は避けましょう。交感神経が優位のまま寝ようとしても、なかなか眠ることができません。

お湯を一杯飲んで明かりを落とし、ゆっくりストレッチをするなど、リラックスすることが大切です。

入浴で十分体の芯から温まったら、体温が下がるときに眠気が訪れます。その眠気でスムーズに眠れるように、スマホやパソコンの使用は避け、副交感神経を優位にするようにしましょう。

原因3:栄養不足

目の疲れを回復するビタミンAや、疲労物質を分解してくれるビタミンB、神経や筋肉の組織形成に大切なカルシウムが不足していることが考えられます。

過度に目を酷使することによって、これらの成分が消耗され、栄養不足が痙攣というサインとなって現れているのです。

一時的に栄養不足になってしまった人は、通常通りの食事をして睡眠を取れば、症状は改善されます。目の痙攣が頻繁に起こるなら、慢性的に栄養不足の状態になっているかもしれません。

対策3:ビタミンとカルシウム摂取

忙しさを言い訳に、毎日の食事をおろそかにしていませんか? 栄養バランスの取れた1日3食が基本ですから、食事をきちんと摂りましょう。

糖分が多いものをよく食べる人は、カルシウムの減少速度が激しくなります。アイスやコーラなど砂糖を多用した食べ物や飲み物は、控えるようにしましょう。

慢性的な痙攣は要注意

一時的に痙攣したときに、対策を取って収まるものは、特に心配することはありません。しかし、慢性的に痙攣したり、目を開けているのも辛いなら、病気かもしれません。

顔面ミオキミア・片側顔面痙攣・眼瞼(がんけん)痙攣などの疾患は、適切な処置が必要です。すぐにかかりつけの医者に相談しましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top