Read Article

急性胃腸炎のときにおすすめ!お腹に優しい食べ方と食事5選!

急性胃腸炎にかかると、繰り返し起きる「下痢」「嘔吐」「腹痛」などに悩まされます。

何か食べたとしても吐き気や腹痛に襲われるため、「いつになったらご飯を食べられるんだろう…」「どういう食事をとったらいいんだろう…」こんな悩みをお持ちになる方も多いと思います。

ここでは、急性胃腸炎にかかったときのおすすめの食べ物と食事の仕方について紹介させていただきます。

Sponsored Links

いつから食事を開始すべきか

急性胃腸炎にかかったら、まずは絶食して、経口補水液で水分と電解質の補給だけに留めるべきです。吐き気や下痢が治まるまで、食事を控えることが大切です。

これらの症状がやわらいで、何か口にしたいと思えるようになったら、少しずつ食事を開始します。このとき、いきなり普段の食事量をとろうとせずに、量を減らして代わりに回数を増やすようにして下さい。

吐き気がないことや腹痛や下痢がひどくないことが確認できたら、徐々に食事量を増やしていきます。なるべく胃腸に負担をかけず、消化しやすい食べ物を選ぶようにします。

お腹に優しい食べ物5選

胃腸に負担がかかりにくく、消化しやすい食べ物と言えば、お粥やすりおろしリンゴなどを思い浮かべるかもしれませんね。味気ないと思うかもしれませんが、胃腸に負担をかけないためには、これらの食べ物がおすすめです。

また、胃腸に負担がかかる以下の食べ物は、できるだけ避けた方がいいでしょう。

食物繊維が多いもの、脂肪分が多いもの、塩分が多いもの、酸味の強いもの、辛いもの、生野菜、ラーメン、肉類、青身魚、スナック菓子、柑橘類

これらの食べ物を控えながら、栄養のある食事をすることが大切です。そして、食欲が回復してきたら、少しずつバラエティを増やすことが治癒への近道。

このようなときにおすすめの食べ物を5つ紹介したいと思います。どれも消化しやすく胃腸に優しいものです。

1.うどん

うどんも定番と言えば定番ではあるのですが、やはりお粥やすりおろしリンゴとは違って、よく噛んで食べる食事なので満足感が違います。

また、普通のかけうどんだけでなく、きしめんにしてみたり、あるいは味噌煮込みうどんにしてみたり、様々なバリエーションを楽しめます。

ただ、やはり胃腸が弱っている時期なので、麺はゆるめになるまでよく煮込んでから食べるようにしましょう。

2.白身魚の煮つけ

白身魚は脂肪分が少なく胃腸には優しい食べ物です。また、タンパク質の含有量も多く、体調の悪いときにおススメしたいメニューです。

ただし、塩分が多いと胃に負担がかかってしまいますので、あまり味を濃くするべきではありません。カレイや鯛や、さわらなどを少し薄めの味付けでじっくり煮込んで食べましょう。

3.湯豆腐

豆腐は胃腸に優しい食品の一つです。そのまま冷奴で食べても構わないのですが、湯豆腐にすれば身体を冷やさず、より胃腸に優しい食べ物になります。

また、普通の豆腐のみならず、高野豆腐も胃腸に優しい食品ですので、これを煮つけて食べてもよいでしょう。

4.カステラ

少し甘いものを食べたくなったら、カステラをおすすめします。カステラは消化しやすいだけでなく、非常に栄養バランスにも優れているからです。

試合前にカステラを食べるアスリートも多くいるほどです。甘いモノが恋しくなったら、カステラを食べるようにしてください。

5.じゃがバター

最後に意外な物を一つ紹介させていただきます。

イモ類は基本的に食物繊維が多いのですが、ジャガイモは例外。消化しやすい食べ物の1つです。また、バターは脂肪分が多いにもかかわらず、意外と胃に負担をかけません。

少しジャンクな食べ物を食べたくなったら、じゃがバターを試してみてはどうでしょう?

とにかくお腹に優しく

ここでは、なるべく色々な食事を選択できるように紹介させていただきましたが、基本的には「胃腸に負担をかけない」ことが最優先です。

ですから、嘔吐が続いていたり、腹痛や下痢がおさまらないうちは、無理に食事を摂ることのないように気を付けましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top