Read Article

靴擦れによる水ぶくれは潰していい?正しい処置方法は?

ヒールを履いて歩く女性新しい靴やサンダルを買って、旅行や観光で外を長時間歩き回った日。こんな時によく起きるのが「靴擦れによる水ぶくれ」ですが、潰していいのか、そのままでいいものか、悩みがちですよね。

水ぶくれというものは、体が皮膚を守ろうとする機能が働いて出来るものです。ですので、普通は潰さないように放置しておくのが鉄則なのですが、靴擦れの水ぶくれに関しては潰すか潰さないか、賛否両論あるようです。

そこで、今回はどちらが正しいのかを明らかにして、靴擦れによる水ぶくれの対処法をご紹介します。正しい処置方法を知って、化膿する前に完治させてしまいましょう。

Sponsored Links

水ぶくれを潰すのか、潰さないのか

結論から言うと、潰してしまった方がいい、と言えます。

火傷などの場合は、絶対に潰さない方がよいのですが、靴擦れになると話は別。なぜかというと、何もしなくても潰れてしまう可能性が高いからです。

水ぶくれの部分に絆創膏をしたり、ガーゼをしたりしても、結局は歩く負荷には耐えられず潰れてしまうんですね。靴の内部は通気性も悪く、湿気も多い場所。雑菌にとっては繁殖するのに持って来いの環境なのです。

そんな場所で水ぶくれが潰れたら、化膿して傷がなかなか治らない原因になりかねません。そこで、気づいた時点で潰して処置を行い、重症化を防いでしまおうというワケなのです。

極論を言えば、靴擦れで水ぶくれができたときに「靴は履きません!」という人なら、潰さない方がいいと言えるでしょう。

水ぶくれの上手な潰し方

では、雑菌が入らない上手な水ぶくれの潰し方をご紹介します。注意事項とポイントを項目ごとにまとめました!

1.手でつぶさない

手には雑菌たくさん付着しています。手でつぶすことは、化膿してしまう原因の一つになります。

2.針でつぶす

裁縫などで使う針を利用しましょう。針の先に消毒液を付けるか、ライターなどで炙って滅菌してから使用します。

3.ゆっくりゆっくり潰す

思い切って針を刺しがちですが、そーっと刺して下さい。水ぶくれの中の水分は、ブドウ球菌などの人由来の細菌がたくさん生息しています。思いっきり刺して、飛び散らないように注意しましょう!

4.事前の準備は万端に

タオル・ガーゼ・消毒液・絆創膏は、潰す前から準備しておきましょう。潰した後に即座に対処できるように心がけましょう。

潰した後の処置はどうすればいいのか?

救急セット水ぶくれを潰したあとは、なるべくガーゼを頻繁に変えて、清潔にしておくことが大切です。できるだけ刺激を与えないようにしましょう。

しかし、靴の中だからこそ気を付けたい処置の方法もあります。水ぶくれではない靴擦れによる傷にも効果的な方法なので、チェックしてみてください。

1.傷をとにかくガード

傷がすれて刺激を受け続けると、それだけ傷の直りは遅くなります。絆創膏一枚ではなく、ガーゼなどの厚ぼったい物でガードしましょう。

2.通気を確保

通気性の悪い靴を履くと、雑菌が繁殖しやすい環境になるので、風通しの良い靴を履きましょう。一日に靴を脱ぐ時間を何回か作ることもポイントです。湿度を下げて雑菌の繁殖を防ぎましょう。

3.靴擦れの原因になった靴を履かない

靴擦れになった靴や新品の靴は、できるだけ履かないようにしましょう。潰した水ぶくれと同じ場所が刺激されるので、傷口が治りにくくなるからです。

まとめ

靴擦れの水ぶくれは早めに潰して、適切な処置を施すことが大切です。気づかない内に出来てしまう事もよくあります。「靴擦れかな?」と思ったらよく足を見てみましょう。

もし水ぶくれになっていたら、早めに潰してしまい、今回ご紹介した処置で重症化を防いで下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top