Read Article

メニエール病の症状と治療法!慢性化で完治できないことも

めまいがしている人の画像突然、立っていられないほどのめまい。「耳鳴りや吐き気もあって、動くのもつらい…」もし、このような症状が現れたら、メニエール病かもしれません。

メニエール病は、ストレスや過労がきっかけで発症する難病です。病院で治療が必要なこともあるので、どんな症状なのかチェックしておきたいところです。

そこで今回は、メニエール病の症状と治療法についてご紹介します。慢性化すると完治することが難しくなるため、心当たりがある方は確認してみてください。

Sponsored Links

メニエール病の基礎知識

メニエール病の原因

メニエール病とは、なんの前触れもなく目の前がグルグル回るような、回転性めまいを発症する病気です。厚生労働省が指定する難病で、30歳代後半から40歳代前半の女性に多いと言われています。

メニエール病の直接的な原因は、内リンパ水腫です。内リンパ水腫とは、内耳(ないじ)を満たしているリンパ液が過剰に増えて、内耳全体が水膨れのような状態になることです。

内耳の画像

内耳には、平衡感覚を担っている三半規管(さんはんきかん)・耳石器官(じせききかん)、聴覚を司る「蝸牛(かぎゅう)」があるので、 内リンパ水腫を起こすと内耳の機能が低下して、平衡感覚や聴覚に異常をきたすわけです。

また、メニエール病の原因が内リンパ水腫であることはわかっていますが、なぜ内リンパ水腫が起こるかについては不明です。

メニエール病の誘因

メニエール病を引き起こす発症因子は強いストレスや過労です。仕事が多忙だったり家庭内のトラブルで過度のストレスを受けると、自律神経の働きが低下します。その結果、内耳のリンパ液の調節が上手くいかなくなると考えられています。

また、性格的には几帳面で神経質なタイプが発症しやすい傾向があります。ストレスを上手く解消できず切迫感を抱えていたり、睡眠不足が続くと症状が出やすい人が多いようです。

メニエール病を発症しやすい人

  • 年齢…30歳代後半から40歳代前半の女性
  • 体型…普通・やせ形が多く、肥満者は少ない
  • 性格…几帳面・神経質タイプ
  • 状態…精神的ストレス・過労・睡眠不足

メニエール病の症状

メニエール病は激しい回転性めまいとともに、「耳鳴り」や「耳が塞がれるような感覚」など耳の症状が現れることが特徴です。

また、めまいともに吐き気・冷や汗・動悸といった症状が一緒に起こることもあります。どのような症状が出るかは、個人差があります。

回転性めまいの持続時間は数十分というときもあれば、数時間に及ぶことも。場合によっては、半日以上続く場合もあるようです。いったん治まったとしても、症状が繰り返し起きることもメニエールの特徴になります。

メニエール病の主な症状

  • 目がグルグル回るめまいが起こる
  • 回転性めまい発作を繰り返す
  • 耳鳴りや難聴が起こる
  • 吐き気・冷や汗・動悸などを伴う

メニエール病の治療法

薬物療法が基本

メニエール病の治療は薬物療法が基本で、主に浸透圧利尿薬が使われます。浸透圧利尿薬には利尿作用があり、間接的に内耳のリンパ液を排出する作用があります。

また、めまいや吐き気の症状には、抗めまい薬や内耳血流改善薬が使われます。内耳の血流を改善することで症状を抑えます。

メニエール病は回転性めまいの他に、自律神経失調症の症状が出ることも。そのため、症状に応じて抗アレルギー剤・自律神経薬・ビタミン剤などが用いられることがあります。

約7~8割の方は薬物療法で対応できますが、めまいの症状が悪くなったり聴力が落ちる場合は、手術が行われることもあるようです。

生活習慣の改善も重要

メニエール病は薬物療法が中心ですが、生活習慣の改善も大切です。メニエール病の誘因は過度なストレスや過労・睡眠不足などです。薬を服用していても、仕事で多忙だったり寝不足が続くと、症状が悪化してしまいます。

働き方や生活習慣を見直して、ストレスを発散したり、十分な睡眠時間を取るなどの対策も不可欠。できればゆっくりと休養をとるようにしましょう。

また、メニエール病は定期的に有酸素運動をすることで、有意に改善することがわかっています。横浜中央クリニック「めまいメニエール病センター」による調査では、有酸素運動を続けることで、多くの患者がめまいの消失や聴力の改善が確認できたことが報告されています。

ランニング・ウォーキングなどの有酸素運動は誰でもすぐに始めることができます。ストレス解消にも役立つので、1日30分くらいの軽い運動を取り入れてみましょう。

メニエール病を治すことはできる?

メニエール病は厚生労働省が指定する難病のため、完治するのは難しいと言われています。しかし、聴力に影響がない初期の段階であれば、薬物治療と生活習慣の改善で生活に支障がない状況まで回復する場合があります。

人それぞれ症状が違うため完治するまでの期間は異なりますが、一般的には6ヶ月~1年ほどで症状が治まる方が多いようです。特に、難聴が進行していない段階で運動を始めると、改善する可能性が高くなるようです。

一方、慢性期になると難聴が進行してしまうため、完治することは難しくなります。しかし、薬物療法や生活習慣の改善によって、聴力が戻ることもあります。人によって状況は異なりますが、諦めずに治療を続けることが大切です。

メニエール病を完治するために

もし、メニエール病かもしれないと思ったら、すぐに病院に行きましょう。というのも、発作が何度も起きると内耳の機能が低下して、平衡感覚の乱れや難聴の症状が進んでしまう恐れがあるからです。

症状が悪化すると、治るのに時間がかかったり完治しない可能性もあるので、早めに診察を受けるようにしましょう。

メニエール病の原因は内耳なので、まずは耳鼻咽喉科で診察を受けてみてください。詳細な問診や検査を受けたいなら、「めまい外来」などの専門医を受診することをおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top