Read Article

過呼吸の原因と正しい対処方法は?間違った応急処置に注意!

nayamu03若い女性に多くみられる過呼吸。突然の息苦しさに何が起きているのかわからず、パニックに陥ってしまったことはありませんか?

過呼吸とは知らずに、一所懸命に呼吸を繰り返した結果、失神してしまったり身体が痺れてきたりすることもあります。この結果として起こる症状は「過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)」と言われています。

では、過呼吸や過換気症候群が起きてしまう理由は何でしょうか。その原因と対処法についてご紹介します。

Sponsored Links

過呼吸(過換気症候群)の原因について

過呼吸が起こりやすいのはどんなとき?

過呼吸が起きる主な原因は、強いストレスや不安を感じたときに自律神経が乱れることです。

強い不安に襲われ、どんどん呼吸が早くなってしまうことが多いのですが、呼吸が多くなることが悪循環を生みだします。

呼吸が多くなるということは、酸素をたくさん取り入れることにつながるので、別に悪いことではないようにも思えませんか? しかし、たくさん呼吸するということは、「二酸化炭素をたくさん失う」ことでもあるのです。

「二酸化炭素って、不要なものなんじゃないの・・・」と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、実は二酸化炭素は人間にとって必要なものなのです。

その理由は、二酸化炭素と私たちの脳の働きに深い関係があります。

二酸化炭素と脳の関係とは?

私たちが生きていくためには、脳が正しく機能することが大切です。そのためには、脳に十分な酸素を届けることが必須です。

しかし、血液中の二酸化炭素が少なくなると、脳の血管が収縮することで、脳の血流が減るという仕組みがあります。このため、血液中に酸素が十分にあっても、脳に十分な酸素を届けられなくなってしまうんですね。

脳は、酸素不足を補おうとして呼吸回数を増やすのですが、それがむしろ二酸化炭素を失う結果を招き、悪循環を生むわけです。

その結果、酸素が足りなくなった脳は正常な働きができなくなり、失神したり身体が痺れてきたりする過換気症候群におちいるのです。

過呼吸が起きたときの正しい対処法とは?

深呼吸する女性過呼吸の仕組みを理解したところで、鋭い方はもう対処方法がわかったかもしれません。

過呼吸に対する根本的な対処方法は、ズバリ、身体中の二酸化炭素の量を正常なレベルに保つことです。では、具体的にどのようにしたら良いのでしょうか?

まずは、自分が過呼吸の状態におちいっていることを、しっかりと理解することです。決して危機的状況ではないと、心を落ち着けることが重要です。

過呼吸状態では、呼吸は「浅く早く」なっているので、それを元に戻すために意識的に「深くゆっくり」深呼吸するように心がけましょう。

息を吐くのが早いと二酸化炭素が失われやすいので、「ゆっくりと時間をかけて息を吐くこと」を特に心がけてください。息を吸う時間の2倍以上の時間をかけて、ゆっくりと吐き出すようにして下さい。気持ちが落ち着くまでゆっくりと深呼吸を繰り返します。

多くの場合はこの方法で良くなりますが、良くなる兆しがない場合は別の原因が隠れている可能性があるので、迷わず救急システムに通報して下さい。

間違った過呼吸の応急処置には注意!

ところで、ドラマなどで、過呼吸になった人が紙袋を口元にあてて呼吸をしているのを、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

これはペーパーバック法といって、昔はよく行われていた対処方法です。

しかし、身体中に二酸化炭素をためることができる反面、酸素不足におちいりやすく現在では間違った対処法とされています。

非常に危険ですので、決して真似をしないで下さい。

もう過呼吸は怖くない!

いかがでしょう、過呼吸に対しての理解は深まりましたでしょうか?

頭ではよくわかっていても、ショックを受けたり不安に襲われると、どうしても過呼吸が起こってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、抗不安薬を用いた治療もありますので、医療機関に一度相談してみるとよいかもしれません。

いずれにしても、過呼吸が起きたときにあわててパニック状態になってしまうと、症状はどんどん悪化してしまいますので、落ち着いて深呼吸をしましょう。

まずは落ち着いて、自分がどのような状況なのか理解することが、解決の第一歩です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top