Read Article

食欲UP!食欲不振のときにおすすめの食事5選!

食卓に並べられた食事夏バテや体の疲れ、精神的に弱っているときに、食欲がなくなってしまうことがありますよね。

「お腹が空いているのに食べる気になれない…」「お腹が食べ物を受け付けない…」このような症状は、ストレスが溜まりやすい現代の社会では起こりがちです。

しかし、こんなときこそ何か食べておかないと、ますます体は疲れてしまい、元気がなくなってします。そこで今回は、食欲不振のときにおすすめの食事をご紹介します。

Sponsored Links

食欲不振に効くおすすめの食事【5選】

食欲不振の原因は、消化器官の機能低下によるものがほとんどです。食欲を高めるためには、この機能を回復させるのが一番の近道。

食欲をUPさせるのに有効とされる代表的な食事を5つご紹介していきます。

1.香辛料が効いた食事

香辛料といえば、まず思いつくのがカレーです。カレーには多くの香辛料が使われており、消化器官の働きを活発にしてくれるものばかりです。

インド料理、タイ料理などのエスニック料理には香辛料が多く使われているので、食欲増進に効果大。スーパーなどに多くの種類の料理キットが販売されているので、試してみるといいでしょう。

2.辛みの効いた食事

唐辛子に多く含まれる辛味成分カプサイシンは、消化器官を刺激して、胃腸の機能を向上させてくれます。

いつもの食事にピリ辛程度の七味をかけたり、料理の途中で唐辛子をホールで入れてみたりするだけで、効果を発揮してくれます。

ただし、辛くしすぎると逆効果なので、適量を摂取するようにしましょう。

3.酸味が効いた食事

お酢などの酸味が強い食材は、胃酸や胆汁などの消化液の分泌を促進してくれます。これが食欲UPに繋がります!

「食欲が無くてさっぱりした物が食べたい・・・」こんなときには、お酢を垂らして酸味をプラスしてみましょう。また、梅干や柑橘類の果実も、酸味が強いのでオススメです!

食後に一口食べてみるのもいいでしょう。

4.薬味が効いた食事

薬味として使われる食材は、その独特な香りが食欲をUPさせてくれます。

代表的なものは「生姜」「ニンニク」「長ネギ」です。この3つは香りだけでなく、胃液の分泌を促進してくれたり、心のリラックス効果にあるので、食欲を高めるのにとても有効です。

料理のアクセントとして、生姜とニンニクはすりおろしたもの、長ネギは小口切りにしたものを、軽く加えてみましょう。

5.野菜を多く使った食事

野菜には、胃腸の調子を整えてくれる効果があります。特に、その効果が強い物を挙げてみます。

トマト
爽やかな味わいと酸味がプラスされて、より食欲を増進してくれます!
セロリ
リラックス効果があり、ストレスの緩和にも効きます!
きのこ類
食物繊維を多く含むので、お腹の中をキレイにしてくれます!
キャベツ
疲労回復の効果もあるため、食欲に効きます!
みつば
薬味に似た効果が得られ、その香りも食欲をUPさせてくれます!

これらの野菜を意識的に食べてみましょう。胃腸に元気が出てきて、さらに食欲が湧いてくると思います。

生活の見直しもプラス!

ここまでの食事の工夫と合わせて、今の生活習慣も見直してみましょう。運動不足や睡眠不足、お酒の飲みすぎなども、食欲がなくなる大きな原因です。

健康な体を作るには食欲があることが大前提。食欲不振にならないように、食生活も含めた生活習慣を見直してみましょう!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top