Read Article

どうすればイライラ発散できる?効果を実感したストレス解消法!

ストレスを抱えた人仕事や人間関係でストレスがたまり、イライラした日常を送っていませんか?

管理人も一時期、ストレスで悩まされたことがあります。なかなか疲れが取れなくて、半年以上、平熱が37℃を超える状態が続いた経験があります。

病院に行っても原因がわからなかったのですが、症状を調べてみるとストレスによる自律神経失調症の症状にピッタリ当てはまっていました。

Sponsored Links

それまでストレス発散することを意識していなかったんですが、自分にあったストレス解消法を見つけて実践してみた結果、心身の状態が上向きになりました。

今回は、日々ストレスを感じてつらい思いをしている方のために、イライラを発散できるストレス解消法を、私の経験も踏まえながらご紹介したいと思います。

私が効果を実感したストレス解消法をご紹介します!

人によっていろいろなストレス解消があると思いますが、私が実践していたのは以下の4つです。

  • 軽い有酸素運動
  • お風呂につかる
  • 夢中になれる趣味を見つけた
  • お笑い動画をみる

どれも継続しやすくて、副交感神経の働き(心身をリラックスさせる)を高めてくれる方法です。それでは、ストレス解消でおすすめの理由を詳しくご説明したいと思います。

軽い有酸素運動をする

まず、ストレス解消のために始めたのが軽い有酸素運動です。

運動をすると、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになり、自律神経の働きが高まります。汗ばむ程度の運動でも自律神経にいい影響を与えてくれるし、気分転換にもなります。

特におすすめなのが、ウォーキング・スロージョギング・踏み台昇降・自転車漕ぎ・縄跳び・フラダンスなどのリズムカルな運動です。というのも、リズムカルな運動には、抗ストレス作用があって副交感神経の働きを高めてくれるセロトニンという神経伝達物質を増やしてくれるからです。

管理人はスロージョギングを取り入れました。セロトニンの分泌だけでなく生活習慣病予防、体脂肪の燃焼効果もあるからです。

スロージョギングの4つの効果!1ヶ月体験した感想は?

うつ病予防にも効果があるので、ストレス発散するなら運動は取り入れたいところです。

ゆっくり湯船につかる

ストレスで体調を崩す前はシャワーで済ましていましたが、湯船にゆっくりつかるスタイルに変えました。

湯船つかって体を温めると、温熱効果で血行が良くなり全身の緊張がほぐれます。リラックスする状態になって、副交感神経の働きを高めてくれます。ストレスや悩みによる暗い気持ちも和らいで、心の緊張をとってくれるんです。

また、湯船につかるときは、いい香りがする入浴剤もおすすめです。自分が心地よく感じるニオイは副交感神経を刺激して、リラックス効果を高めてくれるからです。アロマセラピー効果があるので、積極的に利用してください。

ただし、温度が高過ぎると交感神経を刺激してしまうので、40℃以下のお湯で長めにつかるのがおすすめです。

趣味を見つける

ストレスを抱えている時は、プライベートな時間でも嫌なことを考えてしまいがちです。つらい思いを忘れるためにも、夢中で楽しめる趣味を見つけることがおすすめです。

誰にでも「これ、やってみたいな~」ということはありますよね。自分だけの時間を持って楽しいことに挑戦すると、ストレスを忘れることができます。

ノルマや義務をかしてしまうと、逆にストレスがたまってしまうので、いつでも休めるような趣味を見つけましょう。ただし、ストレス解消には向かない趣味もあるので、注意してください。

やめた方がいい?悪影響のあるストレス解消法に注意!

お笑い動画を見る

私の場合もそうでしたが、ストレスや悩みをかかえていると、笑うことが少なくなりますよね。でも、ストレスがあるときほど「笑う」ことが大切です。「笑い」にはイライラや緊張を和らげて、リラックス効果があるセロトニンの分泌を増やしてくれるからです。

特に、お腹から声を出して笑うと、爽快な気分になりますよね。これは、お腹から声を出したり笑ったりすると、横隔膜が動くからです。

自律神経によってコントロールされる横隔膜が動くと、交感神経と副交感神経が切り替えられて、気持ちを落ち着つかせることができます。

管理人は大声で笑うために、お笑いなどのコントや漫才を観るようになりました。実力のあるコメディアンの漫才やコントは面白いですよね。(最近はトレンディエンジェルにハマってます!)

最後に

いかがでしたか? 今回は管理人が実際に取り入れたストレス解消法をご紹介しました。

いろいろ試してみましたが、続けやすくて効果を実感できたのが、以上の4つの方法です。ストレス発散できる方法を探しているなら、参考にしてみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top