Read Article

ブルーライト対策!眼精疲労や不眠を改善する4つの方法!

目を抑える人物の画像毎日PC・スマホを長時間使っているなら、ブルーライトの影響が気になりますよね。

ブルーライトは、目の疲れや眼精疲労だけでなく、睡眠障害など様々な症状を引き起こします。管理人も仕事で長時間PCを使うので、眼精疲労や睡眠障害に悩んでいました。

しかし、対策をとってから眼精疲労も軽くなり、ずいぶんと目の疲れが和らぎました。今回は、管理人の体験も含めて、ブルーライト対策で効果的な4つの方法をご紹介します。

Sponsored Links

ブルーライトの影響を少なくする4つの対策!

ブルーライトをカットするメガネを使う!

ブルーライトをカットするアイテムには、様々な種類があります。

  • ブルーライトカットメガネ
  • モニターに取り付けるブルーライトカットフィルム
  • 色調を細かく調整できるPCモニター
  • ブルーライトを調整できるPCソフトやアプリ

中でも管理人がおすすめするのが、ブルーライトカットメガネです。

というのも、ブルーライトはPC・スマホ・タブレットだけではなく、テレビやLED照明などにも多く含まれているからです。ですから、目に直接取り付けられるメガネの方が幅広く使えるし、カット効率が高いんですよね。
ブルーライトカットメガネの写真実際に管理人は、普段使っているメガネに、ブルーライトカットレンズを取り付けています。ブルーライトを約50%カットするレンズを取り付けるだけで、ドライアイ、眼精疲労がかなり軽減しました。

ブルーライトカットアイテムを探しているなら、ブルーライトカットメガネがおすすめです。

こまめに休憩して目のストレッチをする!

PC・スマホで長時間作業していると、ついつい画面をじっと見続けてしまいますよね。

目のピントが一定時間続くと、ピント調整している目の筋肉が疲れます。また、まばたきも無意識のうちに減るので、「目の痛みや疲れ」「目が乾く」といった症状が起こりやすくなります。

ですので、PC・スマホで作業するときは、最低でも1時間のうち10分ほど休憩をとって、目を休ませましょう。

遠くを見たり、目をクルクル回して、目の周りの筋肉をほぐすストレッチが有効です。また、最近ではブルーライト対策用の目薬もあるので、ドライアイの方はおすすめです。

網膜を守る色素ルテインを補給する!

ブルーライトは網膜まで直接届くエネルギーの強い光なので、眼内や網膜は常に酸化ストレスにさらされ、ダメージを受けています。

その影響から網膜を守っているのが、抗酸化作用を持つルテインです。

ルテインは、目の網膜の中心にある水晶体や黄斑部に存在しており、紫外線やブルーライトのような強い光を遮るサングラスのような役割をしています。

ですから、ルテインが不足すると、酸化ダメージが蓄積して「加齢黄班変性」など眼病を発症するリスクが高くなってしまうんですね。

ルテインは、体内で作ることができないので、補給する必要があります。ルテインが豊富に含まれるほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜を積極的に食べて、ルテインを体に摂り入れましょう。(ルテインのサプリメントもありますよ)

寝る前にPC・スマホを見ない!

「眠たいのになかなか寝付けない…」など睡眠障害を感じていませんか? もしかすると、それは寝る前にPC・スマホを見ていることが原因かもしれません。

ブルーライトには、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制する働きがあるので、睡眠に悪影響を及ぼします。その結果、睡眠障害や体調不良を起こすこともあるんです。

ですから、就寝の1時間前には、PC・スマホなどのLEDディスプレイを見ることは控えましょう。

また、ブルーライトはLED照明にも多く含まれるので、夜は明るすぎない環境で過ごしましょう。明るさを減らすと、ブルーライトも減ります。照明器具の数や明るさを調整することも大切です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top