Read Article

目やにが多いのは病気?自分でできる対策・対処法5つ

顔を隠す女性朝起きて鏡をのぞいたら、「目やに」が出ているということはよくありますね。でも、日中に目やにが多く出ていたら、ちょっと気になってしまいます。

せっかくアイメイクが完璧でも、目やにがついていたら台無しに・・・。しかも、だらしない印象を与えかねません。

そこで、目やにが出る原因や、目やにを増やさないための予防法や対策をリサーチしてみました。目やにに悩んでいるかたは、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

「目やに」ができる原因とは?

そもそも「目やに」って何なのでしょう? 医学用語では目やにのことを「眼脂(がんし)」と呼び、目から出る老廃物のことをさしています。細胞から出る分泌物と、目に入ったホコリなどが合わさって目やにになると考えられているんです。

実は、目は「鼻涙管(びるいかん)」という管で鼻とつながっています。通常は、まばたきをすることで目から出る老廃物が涙などの体液と一緒に鼻涙管を通って鼻へ流れていきます。そして、さらに粘液やホコリなどと合わさって「鼻くそ」となります。

朝起きた時に目やにが出やすいのは、睡眠中はまばたきをしないために目から出る老廃物が鼻涙管へ流れていかないため。つまり、目やには自然な生理現象といえるんですね。

一方、何らかの原因による炎症反応として出る目やにもあります。例えば花粉やダニなどによるアレルギー性結膜炎、ウィルスなどに感染して起きる「はやり目」、細菌性の結膜炎、鼻涙管が詰まって起こる「涙嚢炎(るいのうえん)」などです。

「目やに」の色や状態によって病気を判別できる!?

目やにには、生理現象による正常な目やにと何らかの病気によるものがあるということがわかりました。いったいどうやって見分ければいいのでしょうか?

実は、目やにの色や状態によって原因を見分けることも可能です。もし次のような目やにが出たら、炎症や病気によるものかもしれません。

サラサラした水状の目やに

花粉やハウスダストなどのアレルギー性結膜炎かもしれません。多くの場合、目がかゆくなったり、鼻水やくしゃみなどをともなうことも。コンタクトレンズや点眼薬によってアレルギーを引き起こしているケースもあります。

白っぽく糸を引くようなネバネバした目やに

「春季カタル」といって、アレルギー性結膜炎が重症化すると起こるといわれます。アレルギー症状のほかに目がゴロゴロしたり涙が出てきたりします。悪化すると目の痛みや視力の低下を招くので、早めに治療しましょう。

黄緑色でドロっとした膿(ウミ)状の目やに

細菌性結膜炎の可能性があります。おもに黄色ブドウ球菌などに感染して起こります。目の充血や目がゴロゴロしたり、むくんだりします。高齢者や乳児など、体力が弱っていると感染する確率が高くなります。

白くネバネバとして大量に出る目やに

アデノウィルスなどによるウィルス性結膜炎が疑われます。大量の目やにのほかに目の充血やまぶたの腫れ、目がゴロゴロするといった症状をともないます。

いわゆる「はやり目」や「プール熱」なども当てはまり、発熱することもあります。感染力が強く、「学校感染症」に指定されています。

涙とともに常に出る目やに、大量の膿状の目やに

痛みもないのに常に涙が流れて目やにをともなうようであれば涙嚢炎かもしれません。大量に膿のような目やにが出たり、時に目頭のあたりが赤く腫れて痛んだり、発熱することもあります。

これは、眼球の内側にある涙嚢という器官で涙液が細菌感染して起こる病気。鼻炎や蓄膿症、結膜炎などが引き金となって発症することが多いといわれます。

強い目の痛みをともなう大量の目やに

細菌性角膜炎かもしれません。原因は外傷やドライアイのほか、コンタクトレンズが原因の場合も増えているといわれます。

角膜(黒目)の一部が白く濁ったり、白目が充血したりします。放置していると角膜の濁りが消えなくなることもあるので、早めに治療を受けましょう。

目やにの効果的な対策・対処法

明らかに病気と思われる目やにが出る時は、まずは眼科に行って治療を受けることが一番です。ここでは初期段階で自分で行う対策や目やにケアについてご紹介します。

1.目やには綿棒やティッシュでふき取る

目やにをふきとる時は、手を石けんや流水で洗ってから清潔なティッシュや綿棒、ガーゼなどで拭き取りましょう。

目やにが固くこびりついて目が開けられないような時は、清潔なガーゼをお湯などでしめらせて拭き取るといいでしょう。拭き終わったティッシュや綿棒は感染を防ぐためにビニール袋に入れて捨てると完璧です。

2.コンタクトレンズをはずす

コンタクトレンズが原因でアレルギーを起こしたり、細菌に感染している場合もあるので、まずはコンタクトレンズをはずしてください。

受診の時はそのコンタクトレンズを保存液につけたまま持って行きましょう。原因となる細菌を突き止められるかもしれません。

3.目薬をさす時は目に付かないように

目薬をさすときは両手をよく洗い、目薬を目から離してさして下さい。目薬の先が眼球やまぶた、まつ毛などについてしまうと、薬の中に菌が入り込んでしまうことがあります。また、人と目薬を使い回すことは絶対に避けましょう。

4.タオルを人と共有しない

感染を防ぐために、タオルは家族など同居している人と分けて使いましょう。同様にお風呂も一番最後に入り、残り湯は流して下さい。

5.マスクをする

マスクはウィルス感染を予防するためだけでなく、ドライアイなど目の乾燥を防ぐためにも効果的です。マスクの中で吐く息によって蒸気が発生して目を潤してくれます。

目の炎症を防ぐためにできること

日ごろから目の炎症を防ぐ習慣を心がけていれば、目やにで悩まされることも少なくなるはず。そのための方法をあげてみました。

  • パソコンやスマホは1時間に10分程度の休憩をはさむ
  • 部屋にホコリやダニが繁殖しないように掃除する
  • コンタクトレンズをつけっぱなしにしない
  • コンタクトレンズの洗浄をしっかりと行う
  • 目が疲れたらアイピローや目の温冷パックなどを行う
  • ツボ押しや目の体操などを行って目の周りの血行を促す
  • 目にいい食事やサプリメントをとる
  • 睡眠を充分にとって、疲労やストレスをためない

やはり大切なのは目の酷使をやめて、バランスの良い食生活や健康的な生活習慣を心がけることなんですね。目はとりわけ大切な器官のひとつ。日ごろから大切にいたわってあげましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top